米朝アンドロイド“出演”に文珍ボヤく「米朝さんのギャラより高い」

[ 2015年9月6日 08:05 ]

彦八まつりで展示された米朝アンドロイド

 上方落語協会恒例のファン感謝イベント「第25回彦八まつり」が5日、大阪・生国魂神社で初日を迎え、3月に亡くなった桂米朝さん(享年89)をモデルにした人型ロボット「米朝アンドロイド」が“出演”した。

 公の場は昨年11月、難波・高島屋での展示以来10カ月ぶり。所有する米朝事務所にオファーした実行委員長の桂文珍(66)は、「生きてはった時の米朝さんのギャラより高かった」と苦笑い。展示用のステージ設営費だけで70万円を請求されたと明かし、「アカンと言ったら15万くらいになった。言ってみるもんですな、国立競技場も安くなったんちゃいますか」と新国立競技場をめぐる騒動をネタに笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月6日のニュース