江口洋介ドラマ撮影中に“神対応” 現実の病院で闘病中の子どもに…

[ 2015年9月6日 22:55 ]

「行列のできる法律相談所」に出演した江口洋介

 俳優の江口洋介(47)が6日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。“有名人の神対応”コーナーでドラマ制作スタッフが、江口にまつわる感動エピソードを紹介した。

 これまで「救命病棟24時」(99年フジテレビ)や「白い巨塔」(03年フジテレビ)など医療ドラマで医師役を演じる機会が多かった江口だが、実際に存在する病院で行われたロケでは患者が江口に病気の悩みを打ち明けることがあったという。手術を控えた少年と父親が江口を尋ねてきたが、現場は撮影の真っ只中。スタッフが止めようとしたが、江口はそれを制して少年に「君なら大丈夫だ。頑張れ」と親身になって励ました。

 後日、手術が成功した少年の父親が江口に手紙を送り、撮影中の“神対応”に感謝したというエピソードを紹介された江口は、「お父さんの必死さが伝わってきて、自分も応援しようと思って」と照れながら当時の心境を語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月6日のニュース