“1000年に一度の童顔巨乳”浅川梨奈の素顔 自他とも認める「変わり者」

[ 2015年9月2日 10:30 ]

Tシャツ姿でライブイベントのリハーサルに臨む浅川梨奈

 不況の続くグラビア界に、救世主となりえる逸材が現れた。アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈(なな、16)だ。先月24日発売の週刊ヤングマガジン(講談社)では、同誌の創刊35年で初めて、初登場で表紙と巻頭グラビア、巻末グラビアを飾った。6月に本格的な水着グラビアに初挑戦したのを機に「1000年に一度の童顔巨乳」と呼ばれ業界を賑わせている。

 そんな浅川を、生で見る機会に恵まれた。東京・台場で行われたライブイベント「お台場夢大陸 めざましライブ」にスパガが出演した先月27日だ。事前にファンから「本番のライブ衣装だと巨乳が目立たない」と聞いていたため、リハーサルをのぞいた。

 ゆるめのTシャツを着ていたが、一目見てそれは分かった。前髪を下ろしているせいか、写真で見た以上に童顔に見える。あどけない顔立ちとEカップの“ミスマッチ”がなんともいえない。「1000年に一度」と呼ばれる逸材だけはある。

 リハーサル後に楽屋で話をした。同日付のスポニチ本紙1面が浅川と同じ高校1年の清宮幸太郎だったため「清宮君って同級生だよ」と伝えると「誰ですか?有名な人?」とぽかーん。周囲のスタッフが「野球で100年に一度の逸材と呼ばれている時の人だよ」と教えると、「私の方が900年も上回ってますね」と、数字を単純比較して誇らしげだった。

 2012年にエイベックスの「iDOL Street」プロジェクトの3期生として芸能活動を始め、昨年2月にスパガに加入した。活動界入りした3年前は決して胸は大きくなく、ここ最近で急成長したという。

 バストアップに効果的な食材として鶏肉やキャベツなどが挙げられるが、浅川の好物はマグロ。赤身と中トロは「週1回食べないと禁断症状が出ちゃう」と大げさに言うほどで、愛用のガスバーナーで表面をあぶるなどして多様な食べ方をしている。

 大のアイドル好きだ。アイドルになった理由を聞くと「アイドルに会うためですよー」と即答。AKB48の高橋みなみを「神様」とあがめ、「私が小学2年の時からずっと推しメン。飾らないかわいさがいい。(12年に)たかみなの髪の毛が燃えた時は私も本気で燃やそうと思った。今年いっぱいで卒業しちゃうから、グループにいるうちに一緒に仕事がしたい」と切望した。

 アニメ「ラブライブ!」のアイドルキャラクター「矢澤にこ」を「理想のアイドル像」とし、好きなアイドルグループは男装7人組「風男塾(ふだんじゅく)」。アイドルのコンサートで男性ファンが繰り広げる独特な踊り「オタ芸」と得意とし、計約300枚あるというアイドルのCDやDVDをマイクロファイバーのタオルで拭くのが日課だ。アイドルの話をすると雄弁になり「アイドルトークが始まったら終わりませんよ」とニヤリと笑った。

 おっとりした見た目とは対照的にサバサバしていて、アイドルらしくブリッ子ぶることもない。自他ともに認める「変わり者」のキャラクターと、インパクト大の童顔巨乳を武器に、どんなアイドルになっていくのか、楽しみだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年9月2日のニュース