「官兵衛」出演の隆大介、台湾で身柄拘束…酔って空港係員に暴行

[ 2015年3月23日 05:30 ]

隆大介(2000年撮影)

 俳優の隆大介(58)が、旅行で訪れた台湾の台北桃園空港で、傷害と公務執行妨害の容疑で拘束されたことが22日、分かった。

 現地紙の中国時報などによると、隆は21日夕に桃園空港に到着。税関で入国カードへの記入を求められた際、係員に暴力を振るったとされる。その後、空港職員に取り押さえられた。係員は左足を骨折。隆は機内で飲酒しており、当時、酒に酔っていたとみられる。

 所属事務所は22日に謝罪文を発表し、「現地にスタッフを派遣し、情報収集にあたっている」と説明した。隆はプライベートで、1人で訪台したという。隆は映画「影武者」などの作品で知られ、昨年はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月23日のニュース