反対押し切った観月ありさ 21日婚姻届提出「今まで以上に邁進」

[ 2015年3月23日 05:35 ]

結婚を発表した観月ありさ

 女優の観月ありさ(38)が結婚したことを22日、所属事務所を通じて発表した。相手は1年半ほど交際してきた建設関連会社社長の青山光司氏(42)。21日に婚姻届を提出した。

 観月は「これからも感謝の気持ちを忘れずに、公私ともに今まで以上に邁進(まいしん)する」と文書でコメント。関係者によると、すでに同居している。

 青山氏は、タレントの上原さくら(37)の前夫。2013年4月に離婚するまで上原と泥沼騒動を繰り広げただけに、一時は観月の周囲に交際を反対する声もあったが、観月が押し切った。

 ◆観月 ありさ(みづき・ありさ)1976年(昭51)12月5日、東京都生まれ。4歳からモデルとして活動。91年、シングル「伝説の少女」で歌手デビュー。同年、本格女優デビューした。連ドラには92年のフジテレビ「放課後」から連続で出演。ほかにフジ「ナースのお仕事」シリーズや日本テレビ「斉藤さん」シリーズなどで主演。ヒット曲に「TOO SHY SHY BOY!」など。1メートル70。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月23日のニュース