モンローへのディマジオの手紙 競売で1千万円

[ 2014年12月7日 19:15 ]

 女優マリリン・モンローの2番目の夫だった米大リーグ、ヤンキースのスター選手、ジョー・ディマジオがモンローに宛てて書いた手紙が6日、ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズで競売にかけられ、約7万8千ドル(約1千万円)で落札された。AP通信などが伝えた。

 手紙は、モンローがディマジオとの離婚の意思を公表した直後に書かれたもので、封筒には1954年10月9日の消印がある。手書きの3枚の中で「君が僕のことをどう思っているか分からないが、僕は君を心から愛している」と述べ、離婚を思いとどまるよう求めている。

 6日の競売では、モンローが3番目の夫、劇作家アーサー・ミラーに宛てた手書きの手紙も約4万4千ドルで落札された。

 モンローは54年、ディマジオと結婚したが、55年離婚。62年にモンローが死亡した際はディマジオが葬儀を取り仕切った。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年12月7日のニュース