梅田彩佳リベンジ!田野優花と亜門氏ミュージカルWキャスト

[ 2014年10月22日 05:30 ]

最終選考で選ばれた田野優花(左)と梅田彩佳(右)は演出家の宮本亜門氏と笑顔で記念撮影

 宮本亜門氏(56)演出のミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」の主役を決めるAKB48グループ・メンバーオーディションの最終選考が21日、都内で行われ、ダブルキャストとしてNMBの梅田彩佳(25)とAKBの田野優花(17)が選ばれた。

 オーディションには48グループの計108人が参加。1次選考で25人に絞られ、2次選考で梅田、田野のほか、AKBの岡田奈々(16)、横山由依(21)、SKEの高柳明音(22)、JKTの仲川遥香(22)の6人が選ばれた。6人は宮本氏の前で、ダンス、演技、歌唱を披露。本来は主役1人のはずだったが「どうしても2人に落ちる理由がない」(宮本氏)とダブルキャストになった。

 「ウィズ」は12年9月、当時AKBの増田有華(23)が主役を務め初演。その時の最終選考で増田に敗れた梅田は「2年前に見られなかった景色を見られた」と、感涙。田野は「尊敬する梅田さんと切磋琢磨(せっさたくま)できることにワクワクします」と笑顔。来年3月8日から東京国際フォーラムで上演。

 ◆梅田 彩佳(うめだ・あやか)1989年(昭64)1月3日生まれ。福岡県出身。06年、AKB第2期オーディション合格。12年、チームBのキャプテンに。今年4月、NMB・チームB2副キャプテンとして始動。

 ◆田野 優花(たの・ゆうか)1997年(平9)3月7日生まれ。東京都出身。11年、AKB第12期研究生オーディション合格。12年、チーム4に昇格した後、チームAに異動。今年5月からチームKで活動。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年10月22日のニュース