「ファーストクラス」続編 心の声も進化!原点は“ストレス解消”

[ 2014年10月22日 09:00 ]

「ファーストクラス」第2話の1場面(沢尻エリカ)

 女優の沢尻エリカ(28)が主演を務めるフジテレビ「ファーストクラス」(水曜後10・00)。女性同士の格付け“マウンティング”など生々しい人間関係が話題を集め、今年4月クールに好評を博したドラマが同局史上最速で続編になった。前作、大きな反響を呼んだ「心の声」も進化。川柳や新聞の見出しを使った「心の声」が新登場した。脚本を務める及川博則氏は「心の声自体、1人っ子だった僕が意地悪な相手が地獄に落ちたところを想像してみるというストレス解消法を小学生の頃から始めたことが始まりです」と“原点”を明かした。

 前作、登場人物が「心の声」をさらけ出し、それをテロップで流す演出は視聴者に衝撃を与えた。瞬く間に人気になり、第5話(5月17日)で木村白雪(田畑智子)VS川島レミ絵(菜々緒)の“悪魔の心の声”が副音声放送されたほど。レミ絵のブラックな本音をまとめた動画「悪女レミ絵の金言暴言・罵詈雑言」は再生回数30万回を突破した。

 あこがれのファッション誌「FIRST CLASS」の編集部で数々の嫌がらせを受けながら編集長に上り詰め、廃刊危機を救った主人公・吉成ちなみ(沢尻)の“半年後”を描く今作。ファッションブランド業界に舞台を移し、ちなみは新進気鋭のデザイナーとして働くことに。

 新キャストとともに「心の声」もバージョンアップ。ファッションブランド「TATSUKO YANO」のプレストップ・荒巻千冬(小島聖)は川柳、デザイナー・多武峰凪子(ともさかりえ)は新聞の見出しを使う。

 第1話、コレクション会場で大手アパレルブランド社長・瀧川蘭子(余貴美子)と会った後の千冬。「整いました。『ブラジャーを はずした瞬間 谷間消え』」

 “ライバル”デザイナー・川島ナミ絵(シシド・カフカ)と言葉を交わす凪子。心の声は「凪子新聞 本日の一面。美人風トップ的デザイナー 謎の転落死!やばすぎる性格と素行で恨み」

 及川氏は「千冬については、新聞に毎日載っている読者投稿の川柳を見て、どういう人たちが投稿しているのかと気になった時にネットで検索したところ、OL川柳、シルバー川柳、セクシー川柳など川柳本が出版されているのを発見し、一番セクシーなキャラクターにセクシー川柳を言ってもらうとおもしろいかなと思ったのがきっかけです」「“凪子新聞”については、地獄に落ちてほしい相手が空想の世界でメディアに叩かれたらどうなるか、週刊誌の中吊り広告でどう叩かれるだろうか、という考えが原点です」とアイデアの源泉を語った。

 「心の声」は、どう生まれるのか。

 「僕がいつも仕事中に思っていることを基にしています。長時間の打ち合わせで『早く終わらないかな』とか『おなかすいたな』とか『みんな真剣に討論しながら、本当は何考えてんのかな』などと想像しているうちに思いつきます。老若男女を問わず、日々生きてれば心の声を多かれ少なかれ言っていると思いますが、それをちょっとおもしろく言ってみようと心掛けると、一瞬でも気が晴れるのではという思いで決めています」

 編成企画の太田大氏は、パワーアップした「心の声」について「あれは彼(及川氏)の世界観。でも最初に上がってくるのは、誰にも見せられないです。世に出るものの3段階上くらいのものがあるので、それをみんなで考え合う感じ」。オンエア上はマイルドになっているようだ。

 マウンティングについては「第1話でいうと『高円寺、いいな商店街があって、ウチの下には成城石井しかないです』と言ってる、ちょっとバカバカしいところになるんですが、自分の方が上ということを暗に伝えて相手を陥落させるものなので、本筋の黒い陰謀とは切り離した痴話ゲンカ的な“あるある”にしています」と視聴者に身近に感じられるような工夫がある。

 ますますヒートアップする悪女バトル。「心の声」は聞き漏らせない。

 <第2話(22日放送)>ハリウッドのセレブに自分のデザインした服を着せた吉成ちなみ(沢尻エリカ)。その効果は絶大で「TATSUKO YANO」には注文が殺到した。廣木リカ(木村佳乃)は2週間後に販売を開始すると発表するなど、販売計画は順調に動きだしたかに見えた。しかし、製造を依頼していた工場から突然、断りの連絡が入る。ちなみは渉外を担当する専務の矢野隆太郎(淵上泰史)と工場に向かったが、解決の糸口は見つからず。「TATSUKO YANO」が、瀧川蘭子(余貴美子)がトップに君臨するNGSホールディングスに買収されるというニュースも飛び込み、プレスチームも対処に追われる。トラブルが続く中、ちなみは当初の計画を立て直そうと、ある行動に出る…。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年10月22日のニュース