テレ朝社長「ドクターX」&「相棒」で「反転攻勢の足がかりを」

[ 2014年9月30日 15:38 ]

テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」制作発表会見に出席した米倉涼子
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の定例社長会見が30日、東京・六本木の同局で行われ、吉田慎一社長が10月9日スタートの米倉涼子(39)主演の新ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)への大いなる期待を口にした。

 同作は第1弾(2012年)は全話平均視聴率19・1%。第2弾(2013年)は平均23・0%で最終回は26・9%を獲得し、第一弾を上回る大ヒットとなった人気医療ドラマの第3弾。吉田社長は「去年の10月期に極めて高水準の視聴率をあげていただいた。それを上回る、同じような働きを強く期待しています」と人気作に期待を寄せた。前作の最終回では、今年のドラマで最高となったフジテレビ「HERO」の初回26・5%を超えており、期間平均でも同作の21・3%を上回っているだけに、期待が膨らむところ。

 9月27日をもって、2014年度の上期が終了。全日7・0%で2位、ゴールデン10・1%で民放2位、プライム10・7%で2位としているが、全区分で前年と比べてダウンし、苦戦している。編成担当の平城隆司常務は「去年よりは低い結果。全般的に数字が下がっているが、次クールでは期待できるドラマもあるので、反転攻撃できれば」。

 10月クールには、「ドクターX」だけでなく、水谷豊(62)主演の「相棒season13」(水曜後9・00)もスタートする。吉田社長は「『ドクターX』もありますし、『相棒13』もある。基軸になる人気番組で反転攻勢の足がかりを得てほしい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年9月30日のニュース