矢沢心、第2子出産を報告 なぜ…2016年9月27日に!?

[ 2014年9月30日 12:25 ]

第2子を出産した矢沢心

 元K―1MAX世界王者・魔裟斗(35)の妻で、タレントの矢沢心(33)が27日、第2子となる次女を出産した。矢沢が30日、自身のブログを更新。「2640グラムの女の子が私たち家族のもとへ元気な産声とともに誕生してくれました」と報告した。

 「はっぴーにゅーす ふたたび 」とエントリーした矢沢は、出産した日付を「2016年9月27日」と2年後の未来にしてしまう“天然ぶり”を発揮しつつ、出産した今月27日にブログで「赤ちゃんを信じて 先生を信じて 自分を信じて」と急な入院についてつづっていただけに、「入院まで色々ありました。不安で不安で気がきじゃない毎日。予定より少し早いお産になりましたが娘も私も健康で元気です」と母子ともに無事だったことを報告して喜びのコメント。

 「仕事をしながら家族のことを支えてくれた主人にたくさんの感謝です」と夫・魔裟斗への感謝をつづると、「そして今回ご心配いただいた皆様本当にありがとうございました」「産まれてきてくれてありがとう」と関係者やファン、そして生まれてきた愛娘にメッセージを送った。

 矢沢は魔裟斗と2007年2月に結婚。12年6月に第1子となる長女を出産後、今年6月9日に第2子を授かり妊娠6カ月であることを発表。8月には、前置胎盤であることをブログで明かし、「お腹の張りや出血に気をつけなければいけません」などとつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年9月30日のニュース