清原氏 金銭的に苦しかった?慰謝料なし、養育費&財産分与のみ

[ 2014年9月23日 05:30 ]

離婚を発表した清原和博氏(右)と亜希夫人

 元プロ野球選手で西武、巨人などで活躍した清原和博氏(47)が22日、亜希夫人(45)と離婚したことを発表した。

 関係者によると「清原氏は親権はもちろん、離婚自体を拒否し、話し合いはなかなか進まなかった」という。だが亜希夫人の意志は固く、離婚やむなしとの判断に至ったようだ。

 最終的に慰謝料と財産分与の話し合いとなったが、2人を知る人は「現役時代に年俸だけで50億円以上稼いだ清原氏だが、最近は金銭的に苦しかったようだ。亜希夫人は慰謝料は諦めたと聞いている」と話している。

 離婚条件について、亜希夫人の所属事務所はスポニチ本紙の取材に「具体的なことはお答えできません」と話すにとどめた。

 亜希夫人は2人を出産後の08年、モデル業に復帰し、現在はファッション誌の専属モデルを務めるなど仕事も順調。子供の学費や家賃など、経済的なメドが立ったことも決断を後押しした可能性がある。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月23日のニュース