さしこ「元気を出して頑張る」 観客約600人は手荷物検査

[ 2014年5月30日 05:30 ]

主演映画の公開前夜祭であいさつしたHKT48指原莉乃

 HKT48の指原莉乃(21)が都内で行われた主演映画「薔薇色のブー子」公開前夜祭で笑顔を見せた。

 指原はこの日夜、事件後初めてファンの前に姿を見せた。笑顔で登壇した後、表情を引き締め「みなさん、ご心配お掛けしてすみません。川栄と入山は快方に向かっているので、私もその分、元気を出して頑張っていきたい」とあいさつ。事件を受けて、主催者側は会場入り口で観客約600人に対して手荷物検査を実施した。

 指原はイベントに先駆け、正午からCSテレ朝チャンネル1の24時間番組「ブー子は地球を救う」に出演。その冒頭でも「AKBとして悲しい出来事があった」などと事件について触れた。

 27日にはツイッターで「犯人を許すことはできません」とし「ファンの皆さんとの交流を失いたくありません」などと握手会の存続を願っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月30日のニュース