生田絵梨花 休業前の最後の公演「みんなで笑って終われれば」

[ 2014年5月30日 12:56 ]

乃木坂46劇場公演「16人のプリンシパル trois」初日公演直前取材会で公演への意気込みを語った生田絵梨花

 乃木坂46の生田絵梨花(17)が30日、東京・赤坂ACTシアターで行われた乃木坂46劇場公演「16人のプリンシパル trois」初日公演直前取材会に出席。学業を優先するため、同公演を最後に乃木坂を一時休業する生田は「最後はみんなで笑って終われれば良いな」と笑顔で語った。

 「乃木坂版総選挙」とも呼ばれる同公演。一幕は全メンバー33人が出演するオーディションとして観客が審査し、幕間の投票結果によりその日の配役16人が決められる。3回目を迎える今年は演出に劇作家の福田雄一氏を迎え、初のコメディーに挑戦する。

 生田は「コントなので、滑ったこともみんなで笑えるような空気を保って最後までやれたら」としんみりムードは拒否。「どうなるか分からないのですが、とにかくはっちゃけるのが一番の目標です」と掲げた。

 「いままでプリンシパルはきついイメージがあった」と話す生駒里奈(18)は「どうやったら面白く見せられるかを去年やった分、余裕を持って色々と考えられた。選ぶ、選ばれないはあるけど、そういうのは気にせず毎日楽しく舞台をやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月30日のニュース