AKBメンバー顔面蒼白…励ますファン「みんなは悪くない」

[ 2014年5月26日 07:10 ]

AKB48の川栄らが刺された岩手県滝沢市のアピオ岩手産業文化センター
Photo By スポニチ

 25日に岩手県滝沢市で行われたAKB48の握手会で川栄李奈(19)、入山杏奈(18)らが切りつけられる事件が発生。05年12月にスタートしたAKBで最悪の事件となった。

 会場にいたファンらによると、事件発生の約4時間前、握手会参加メンバーは大ヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」などをファンの前で元気に披露。川栄は、来月7日のAKB48選抜総選挙を控え、「5月の終わりの空気感とか、そういうところが気になる」などと、いつもと変わらぬ笑顔で話していた。

 事件を受けて握手会は中止され、他のメンバーは顔面蒼白(そうはく)でぼうぜんとした表情で、握手できなかったファンに対し「すみませんでした」と謝罪。ファンからは「みんなは悪くないよ」と励ます声が相次いだという。

 メンバーは午後9時前、JR盛岡駅から新幹線に乗車し東京に戻った。ほとんどがマスク姿でうつむき、表情は一様に暗く、大きなショックを受けた様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年5月26日のニュース