SKE、NMB、HKTは劇場公演実施 SKEはハイタッチなし

[ 2014年5月26日 12:40 ]

 岩手県滝沢市で行われたAKB48の握手会で川栄李奈(19)入山杏奈(18)らが切りつけられる惨事が発生してから一夜明けた26日、AKB48は劇場公演を中止したが、SKE48、NMB48、HKT48は劇場公演を行う。

 SKE48劇場支配人の今村悦朗氏がこの日朝、交流サイト「Google+」を更新。「本日のSKE劇場公演は、通常通り開演いたします」と発表したものの「しかし残念ながら、公演後のハイタッチは現状、行うことが出来なくなりました」とした。

 ハイタッチがなくなり「楽しみにご来場くださったお客さまには大変申し訳ございません」と謝罪。「今後もファンの皆さま、SKEメンバーが安心・安全に公演が行われるように、警備体制に気をつけるよう、努力してまいります。そして、メンバーの心のケアを最優先に、スタッフ全員でしっかりと行ってまいります」と今後の方針を示した。

 この日はチームE「手をつなぎながら」公演が午後6時半に開演する。公式サイトは「警備体制などを強化いたしました上で実施させていただく予定です。今後、手荷物などのお持ち込みなどにつきまして、ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます」とした。

 NMB48は、グループの公式サイトにチームB2「逆上がり公演」(26日午後6時半開演)実施の告知を掲載。「NMB48劇場公演につきましては警備体制などを強化いたしました上で実施させていただく予定です。今後、手荷物などのお持ち込みなどにつきまして、ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます」としている。

 NMB48劇場支配人の金子剛氏は「Google+」を更新。「先ほど、劇場におりましたメンバーとも話をいたしましたが、みな落ち着いて元気でおりました。メンバーのメンタルケアをご心配いただくお声もいただいており、これにつきましても専門家の先生方とともにケアしてゆきたいと考えております」とメンバーの様子を伝えた。

 HKT48も、ひまわり組「パジャマドライブ」公演(26日午後6時半開演)を「警備体制などを強化いたしました上で」(公式サイト)で実施する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年5月26日のニュース