「レツゴー三匹」じゅんさん 脳出血で死去 68歳

[ 2014年5月8日 22:21 ]

死去した逢坂じゅんさん。「レツゴー三匹」のレツゴーじゅんさんとしても活躍

 漫才トリオ「レツゴー三匹」のレツゴーじゅんとしても活躍した俳優の逢坂じゅん(おうさか・じゅん、本名渡辺美二=わたなべ・よしじ)さんが8日午後5時29分、脳出血のため大阪市の病院で死去した。68歳。堺市出身。

 レツゴー三匹は正児、じゅんさん、長作の3人。「じゅんで~す」に「長作で~す」と続け、正児が「三波春夫でございます」と名乗り、じゅんさんと長作の両方からどつかれ、眼鏡が外れるというのが定番のツカミだった。70年代から人気を博し、上方漫才大賞などを受賞。80年代には山城新伍が司会をしたバラエティー「笑アップ歌謡大作戦」にレギュラー出演。日曜昼のお茶の間を沸かせた。

 じゅんさんは1945年7月2日生まれ。大阪の上宮高校卒業後に花紀京に弟子入りした。レツゴーでの活動がほとんどなくなった後年は、逢坂じゅんの芸名で俳優としてテレビや舞台でも活躍。TBS系で高視聴率をマークしたドラマ「半沢直樹」にも出演していた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年5月8日のニュース