次期朝ドラ主題歌は絢香「全国の皆さん、口ずさんで」

[ 2014年2月20日 18:21 ]

絢香

 シンガー・ソングライターの絢香(26)が次期NHK連続テレビ小説「花子とアン」(3月31日スタート、月~土曜前8・00)の主題歌を担当することになった。

 女優の吉高由里子(25)がヒロインを務め「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の半生を描く作品。

 主題歌は絢香が作詞・作曲を手掛けた「にじいろ」。「主題歌のお話を頂き『花子とアン』に携わるスタッフの皆さまとお会いした時、この作品にかける情熱の大きさに圧倒されました。本当に面白そうで、今から放送が楽しみです。寄り添った曲作りができればと思い、この作品が持つ世界観が表現できるように取り組みました。全国の皆さんに口ずさんでもらえるようになったら、うれしいです」とコメント。

 加賀田透チーフプロデューサーは「昨年の暮、絢香さんから主題歌のデモテープをいただいた時の感動は忘れられません。その日の夜には、もう口ずさんでいました。そして今、この『にじいろ』を全国の皆さんに聞いていただけることがとてもうれしいです」と喜びの弁。

 「絢香さんの凛とした歌声。伸びやかで軽快で力強く、聴く人を温かく包みこみ、それでいてどこか切なく『つらいことがあっても前を向いて歩いていこうよ』と語りかけてくれる歌詞とメロディー。まさに、このドラマを通して私たちが視聴者の皆さんに届けたかった思いを、あますところなく表現してくれる素敵なな曲です。日本中に『にじいろ』のときめきを、早くお届けしたい気持ちでいっぱいです」と手応えを語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年2月20日のニュース