松田龍平 父・優作さんの足跡追い成長「会話している感じ」

[ 2014年1月21日 05:30 ]

男優主演賞を受賞し、笑顔を見せる松田龍平

2013年(第68回)毎日映画コンクール 男優主演賞

 辞書作りに情熱を注ぐ人の姿を悲喜こもごも絡めて丹念にすくい取った石井裕也監督(30)の「舟を編む」が日本映画大賞に輝いた。監督、美術、松田龍平(30)の男優主演賞も合わせて同作品は4冠を達成。

 デビュー15年の30歳。そして、父親の松田優作さんが亡くなって25年。「分岐点というか、区切りというか、新たなスタートラインというか…」。さまざまな節目が重なったタイミングでの受賞を「自信を持っていいなーと思えるし、次の仕事に向けて背中を押してもらえる」と喜んだ。

 辞書作りに取り組む編集者役。感情の起伏に乏しく、人とコミュニケーションを取るのが苦手という人物で、内面の変化をどう表現するか試される難役。初タッグだった同い年の石井裕也監督とは、役作りについて徹底的に話し合った。「お互いを信用してないんですかね。ちゃんと分かってんの?というキャッチボールをずっとやっていた気がします」

 誰よりも脚本を読み込み、役についての思いを説明してくる石井監督に対し「自分も同じところに立たなきゃ会話できない」と考えた。「僕は普段、そんなに脚本を読まないんですけど、今回は凄くちゃんと読んで細かいセリフにまでこだわった。例えば“そうだよ”なのか“そうだね”なのかみたいな。そんな細かい話をぶつけても、石井さんはすべて受け止めてくれた。感謝してます」。こうして生まれたのが、変わり者なのに魅力あふれる主人公だった。

 昨年はNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の水口琢磨役でも注目された。それでも、考えるのは映画界のこと。「(自分が注目されることで)普段映画館に足を運ばない人が来てくれるとうれしい」と話す。

 映画俳優という職業へのこだわりも強い。「映画作りって特殊で、一生のうち同じメンバーと仕事することなんて3回もあれば多い方。こんな仕事、ほかにない。でも、一緒に作品を作ることによって、ずっとそのメンバーを意識してつながっていくのは特別なことだと思う」

 それは6歳の時に亡くなった父も歩んだ道。「父親を知る手段が、映画をやることなのかもしれない。この仕事をしていると、父親と同じ道をたどるというか、父親のことをどんどん想像していく瞬間がある。俳優をすることで、亡くなった父親と会話をしている感じなんです」。

 偉大な父の足跡を追いながら、成長を続ける俳優・松田龍平。行き着く先はどんな未来か、目が離せない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月21日のニュース