狙いは便乗CM出演!?デニス植野 本田望結ちゃんに「大先輩」

[ 2014年1月21日 17:06 ]

「グリコ プッチンプリン」商品リニューアル記者発表会で、スキャットマンジョンに変身した「デニス」の植野行雄(右)と本田望結

 お笑いコンビ「デニス」の植野行雄(32)が21日、都内で行われた「グリコ プッチンプリン」商品リニューアル記者発表会に出席した。

 昨年、「プッチンプリン」は世界一売れているプリンとしてギネスに認定された。その際、インターネット上で19年前にCM出演した米国人歌手のスキャットマン・ジョンさん(99年に他界、享年57)についての話題が多く上がったという。そこで、同社では当時のCMソングをリメークし、新CMに採用。軽快な音楽に乗せて子役の本田望結(9)がキュートなダンスを披露している。

 ブラジル人の父親と日本人の母親との間に生まれた植野は彫りの深い顔立ちを生かし、スキャットマンさんになりすまして登場。白いスーツにハット姿で、一見違和感なく見えるが「着替えたらグリコの関係者がざわついた」と不安げ。それでも「押し切るしかない」と片言の日本語を話す外国人のキャラクターを貫いた。

 同席した本田は、“月9”ドラマにも出演した植野の演技を絶賛し「お会いできるなんて、夢のよう」とニッコリ。楽屋ではひと足早くバレンタインチョコレートをプレゼントし、植野を喜ばせた。芸歴4年の植野は2歳から芸能界にいる本田を「大先輩」と呼び「一緒にグリコのCM出たい」と便乗を狙った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月21日のニュース