スギちゃん、八方ら直撃 有楽町火災で新幹線ストップ 

[ 2014年1月4日 05:30 ]

スギちゃん
Photo By スポニチ

 東京都千代田区のJR有楽町駅近くで3日午前6時35分ごろ、火災が発生した。JRの通信ケーブルの設備も焼け、東海道新幹線は正午前まで5時間余り、上下線で運転を見合わせた。Uターンラッシュの乗客らが足止めされたほか、各地で正月のイベントなどに出演するタレントの移動も直撃した。

 落語家の月亭八方(65)は、吉本興業の新劇場「よしもと幕張イオンモール劇場」(千葉市)での公演に出演するため、午前中に大阪から上京する予定だった。しかし、自身のツイッターに「新幹線が運転見合わせ、伊丹空港へ移動もキャンセル待ち、果たして東京へ行けるのか?」と書き込み右往左往。結局上京のメドが立たず、午後0時半、2時半、4時半開演の3公演全て出演を取りやめた。

 同劇場は昨年12月20日に大型商業施設「イオンモール幕張新都心」内にオープンしたばかり。この日は上方の大御所の八方が「オープン特別公演」の“目玉”として出演予定だった。代わりに在京のお笑いコンビ「東京ダイナマイト」らが出演した。

 愛知県安城市の「イトーヨーカドー安城店」でのイベントに向かっていたお笑いコンビ「たんぽぽ」は、立ち往生した新幹線の車内で缶詰め状態に。川村エミコ(34)が午前9時前に自身のブログで「仕事始めです。かれこれ1時間以上ジッとしています」と報告。所属事務所によると、相方の白鳥久美子(32)も一緒だった。その後、運転が再開されたが、午前11時半の回には間に合わず、午後1時半に時間を変更した。

 お笑いタレントのスギちゃん(40)は仕事で滞在していた愛知・豊橋駅から新幹線に乗車したが、静岡・三島駅で足止めに。足立区の「アリオ西新井」での午前11時の回のライブには間に合わず、お笑いコンビ「飛石連休」のみが出演。午後1時の回には間に合い、急きょ同3時の回を追加した。集まったファンには「新幹線の運転見合わせで遅れた」と事情を説明した。

 東海道新幹線の各駅ではUターンラッシュの乗客も足止めされ大混乱。新大阪駅では、元日から家族で大阪を訪れた横浜市の男性会社員(42)が「妻があすから仕事なのできょう中に帰りたい」と疲れた様子でため息をついた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月4日のニュース