リッキー・マーティン 長年のパートナーと破局!「よき友人に」

[ 2014年1月4日 12:45 ]

リッキー・マーティン

 プエルトリコ出身の人気歌手リッキー・マーティン(42)が長年連れ添ったボーイフレンドのカルロス・ゴンザレスと破局したことがわかった。リッキーの代理人が「リッキーとカルロスはお互いが納得して別れることを決め、これからもよき友人として付き合っていくつもりです」と米誌の「People.com」に話している。

 リッキーはおよそ5年間に渡ってカルロス・ゴンザレスとパートナーとして一緒に過ごしてきた。2010年にはゲイであることを正式に公表し、2008年の8月には代理母により、マテオ君とヴァレンティノ君という5歳になる双子の息子ももうけた。

 ある関係者によると11月には2人の関係に暗雲が漂っていたようだ。「彼らはほとんど一緒にすごさず、どんどん距離を置いていました。かなり前から険悪になっていましたね」。

 リッキーは以前、カルロスのことを良き支援者として賞賛していた。ヴァニティ・フェア誌に「僕はパートナーと本当に素晴らしいことを経験しているんだ。それはお互いの相違、そして理解し合い、同時に相手が自分を非難することを恐れなくていい自由なんだ」とかつてリッキーは語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月4日のニュース