PR:

亀田和毅、18年前のおつかい初公開!4歳時に弁当箱を父のもとへ

現在の亀田和毅(左)。右は18年前、保温式弁当箱を父・史郎氏に届ける「はじめてのおつかい」に挑戦した4歳の和毅(C)日本テレビ

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者・亀田和毅(22=亀田)が13日放送の日本テレビ「’14新春 はじめてのおつかい!爆笑!2014年大冒険スペシャル」(後7・00)にゲスト出演。18年前、当時4歳だった和毅が挑戦したものの“お蔵入り”になっていた「はじめてのおつかい」のVTRが初公開される。

 和毅は電車に乗り、父・史郎氏(48)にお弁当を届けに行った。しかし、数多く撮影された子どもの中から実際に放送されるのは10分の1程度。“簡単に”指令をクリアした和毅の映像がオンエアされることはなかった。

 数年前、世に名前が出始めた亀田3兄弟と史郎氏を見た番組スタッフが「この亀田さん、以前、取材した亀田さんでは?」と和毅の活躍を見守り、今回の放送に至った。

 史郎氏は「(和毅の)内弁慶な性格を直そうと、事前に練習させすぎちゃいましたね。余裕で(おつかい)できちゃいましたもんね」と回顧。18年前に“お蔵入り”したのも納得の様子。とはいえ、亀田家にとっては一大事だったといい、その後、和毅をメキシコへ武者修行にやったのは「はじめてのおつかい」の経験がきっかけになったという。3兄弟の末っ子をどう育てるか悩んでいた時に「上の2人と同じ教育ではいけないと思っていた。和毅なら1人で行ける」と決心したという。

 今回のスタジオ収録の際、倍賞美津子(67)関根勤(60)小池徹平(27)ら他のゲストには和毅のVTRがあることは事前に知らされず。司会の所ジョージ(58)らが「皆さんはどんなおつかいを経験してきましたか?」と質問すると、ゲストたちはそれぞれの体験を語ったが、和毅は「行きましたよ。4歳の時に、この番組のスタッフに撮影してもらったんです」と告白。一同は仰天し、18年前のVTRに食い入った。

 保温式弁当箱を持った4歳の和毅は「バリ重てぇー」と言いながら、父のもとを目指す。あどけない表情には今の面影がある。和毅は18年ぶりに当時のおつかいルートもたどった。「あれ?こんなに公園がちっちゃくなってる。あの時、何を考えていたんだろうなぁ。撮影されていることは全く気が付かなかった。オヤジはとっても厳しかった。帰宅が1分遅れても怒られたし、学校にも『走っていけ』といつも言われていた」と懐かしむ。そして、そこには驚きの再会が待っていた。

 同局によると「はじめてのおつかい」で歌手になった子どもはいたが、和毅ほどの有名人になったケースは初という。

[ 2014年1月4日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月16日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル