知花くらら WFP日本大使に「現場にも足延ばしたい」

[ 2013年12月14日 05:30 ]

国連WFP2ユーロ記念硬貨を手に笑顔を見せる知花くらら

 モデルの知花くらら(31)が13日、都内で、国連世界食糧計画(WFP)の日本大使に任命された。

 07年からWFPのオフィシャル・サポーターを務め、活動現場を視察し、支援を呼び掛けてきた実績が評価された。「いろいろな面で人々の生活を支援する活動で、見たことや、うかがったこと、エピソードなどを持ち帰って、たくさんの方々の前でお話をしていきたい。これからは緊急支援の現場にも足を延ばしたい」と抱負を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年12月14日のニュース