鈴木紗理奈「めちゃイケ」で離婚届記入 夫の登場に涙目で絶叫「来たらアカンやろ、今は!」

[ 2013年12月14日 20:29 ]

レギュラーを務める「めちゃイケ」で離婚届に記入した鈴木紗理奈

 タレントの鈴木紗理奈(36)とレゲエユニット「Infinity16」のTELA―C(テラシー、年齢非公表)が離婚届に記入する模様が14日、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)で放送された。

 「ナインティナイン」の岡村隆史(43)が先生役、メンバーが生徒役になり、身内を教室に呼ぶ「年末抜き打ち三者面談」企画。「テレビ史上初の離婚式!?」と銘打ち、TELA―Cもバラエティー番組に初出演した。

 夫が教室の扉を開け、現れた瞬間、紗理奈が驚きに震え、手で口を覆う。「来たらアカンやろ、今は」「めちゃイケでやってもらわなくても」などと涙目で絶叫し、動揺を隠さなかった。

 スタッフからの出演依頼に「ちょっと(めちゃイケに)出てみたかった」というTELA―Cは「すれ違い」「嫌いになったわけではない」などと離婚に至った理由を説明。別れた後も仲がいいココリコ・遠藤章造(42)と千秋(42)を例に、岡村から「1つあるとしたら、遠藤・千秋パターンはどうかなと思うんですよね。何パターンでいきたいとお考えですか?」と問われると「やっぱり遠藤・千秋パターン」と納得した様子。

 これに「おかしいでしょ」と突っ込む紗理奈だったが、共演者から「法廷パターンにするか?」と言われると「嫌だ。私、千秋」と即座に“同意”した。

 その後、カメラの前で離婚届にサインする前代未聞の展開。紗理奈が「帰って書くから。2人の時にやるから」と抵抗するも、岡村は「ここでやるんだよ!こっちも後に引けないんだよ!」と一喝。紗理奈が「今週末にやる(サイン)って約束してたやんか」と騒ぎ、岡村が「今週末なら今でも一緒だよ」と言い争う中、TELA―Cが「じゃ、書きましょうか」とスンナリ。TELA―C、紗理奈の順で記入し、ハンコを押した。最後はデビュー曲「シャレになんない」を熱唱し、笑いを誘っていた。

 紗理奈は今月3日に離婚届を提出したことを4日に発表。ブログでも「昨日、めちゃイケの番組収録内でサプライズでテラが出演し、離婚へ合意するまでの経緯を説明し、離婚届を提出しました。とてもびっくりしましたが、これまでの間、何度も何度も2人で話し合いを重ね決めていたことです」と自身のレギュラー番組で離婚に至ったことを明らかにしていた。

 2人は音楽を通して知り合い、5年間の交際を経て2008年12月に結婚。10年2月には長男(3)が誕生した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年12月14日のニュース