磯山さやか 目の不調でラジオ欠席「角膜が細かく傷ついていた」

[ 2013年1月19日 11:22 ]

両目の不調を明かした磯山さやか

 タレントの磯山さやか(29)が19日、自身のブログを更新し、両目の不調で前日18日のラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)を欠席したことについて説明した。

 磯山は「両目とも開けられない状況で、ラジオの原稿を読むことができないのでお休みさせていただきました」と番組を急きょ休んだことをお詫び。16日夜から「突然目が痛くなり、両目とも開けられなくなりまして」病院に行ったところ、「角膜が細かく傷ついていた」と診断されたという。

 この日は「左目がバッチリと開くようになりました」と回復しつつあるが、「体に謎の湿疹も出たりしてるので、少し体も心も疲れたのかもしれません」と疲労からくる体の不調であることを示唆した磯山。「お仕事もなくお休みなので少しゆっくり休んでいます」と現在の状況を明かし、ファンに対して「心配してくださったみなさん すみませんでした。ありがとうございます」と感謝の言葉もつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月19日のニュース