大橋アナは「代わりがいない存在」 テレ東、早期復帰を熱望

[ 2013年1月19日 09:08 ]

脳梗塞と診断された大橋未歩アナ

 テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(34)が軽度の脳梗塞と診断されたことを18日、同局が発表した。同アナは今月上旬に自宅で異変に気づき、自ら病院へ。すでに退院して自宅で療養しており、しばらく仕事を休む。

 明るいキャラクターと愛らしいルックスで人気を誇るテレビ東京の看板アナ。02年に入社し、半年でスポーツニュースの司会に抜てきされた。五輪はアテネ、北京、バンクーバー、ロンドンの4回を取材。07年にはプロ野球ヤクルトの城石憲之選手(現コーチ)と結婚、昨年4月には早大大学院スポーツ科学研究科に入学した。同局関係者は「代わりがいない大きな存在。早く戻ってきてほしい」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月19日のニュース