“元いいとも青年隊”岸田健作、異色のダンスDVD発売へ

[ 2013年1月19日 07:41 ]

本格ブレイクダンスDVDをリリースする「RoViN」のボーカルKensaku Kishidaこと岸田健作

 元いいとも青年隊の岸田健作(35)が率いるビジュアル系ロックバンド「RoViN」が本格ブレイクダンスDVDを制作、2月のリリースに先立ち、19日に東京・渋谷のSHBUYA REXで行われるワンマンライブで先行販売されることになった。

 バンドとしては異例ともいえる作品。Kensaku Kishidaとして「RoViN」のボーカルを務める岸田が、衣装やストーリー性など世界観にもこだわってトータルプロデュースし、自身もダンサーとして出演。サウンドは「RoViN」のギタリストtetsuとベーシストのyhayatoが手掛け、寿BANDのボーカルで津軽三味線演奏者の若手有望株としても注目される佐藤通芳(26)との共演も実現した。バンドサウンドとダンス、そして津軽三味線のコラボレーションなど斬新な作品が並んでいる。

 19日に行われるライブは「RoViN」にとって2度目のワンマンライブ。今回は「解散or継続」と題し、目標動員に達しなかった場合には解散することを宣言しており、こちらの結果も注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月19日のニュース