河西の写真問題 講談社が警視庁に撮影経緯を説明

[ 2013年1月19日 06:00 ]

 AKB48メンバーの写真をめぐり漫画雑誌「ヤングマガジン」の発売が延期された問題で、出版元の講談社が警視庁少年育成課に撮影の経緯などについて説明していたことが18日、同庁への取材で分かった。

 問題となったのは、メンバー河西智美(21)の上半身裸の胸を少年が手で覆い隠した写真。児童買春・ポルノ禁止法では、児童が他人の性器や胸などを触る行為を写したものについても「児童ポルノ」と規定しており、少年育成課は写真が児童ポルノに当たるかどうか調べる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年1月19日のニュース