血が騒ぐ岡本夏生 バブルの聖地で久しぶりに胸もまれた!

[ 2012年4月10日 17:42 ]

セシール3Dブラ「おっぱいづくり研究所」開設記者発表会に登場し、“おっぱい体操”の考案者である神藤多喜子先生に胸を揉まれる岡本夏生

 タレントの岡本夏生(46)が10日、六本木・ニコファーレで行われたセシール3Dブラ「おっぱいづくり研究所」開設記者発表会にゲストとして出席した。

 イベントの会場となったニコファーレは90年代のバブル期に人気を集めたディスコ、ヴェルファーレの跡地。「血が騒ぐわね、ここは私の聖地ですからね」と目を輝かせた岡本。

 通っていた当時の話題に話が及ぶと「私がどれだけモテたと思ってるのよ。当時はボディコンで、バストライン命。ボン・キュ・ボンでお立ち台マンボウですから。パン食い競争のように食い散らかしてましたね」とさすがの女王らしくバブル時代を振り返った。

 イベントでは、考案者である神藤多喜子氏からの指導で“おっぱい体操”を体験した岡本。指導しながら、胸をもまれる岡本は「気持ちいい」と笑顔を見せるも、「(人にもまれるのは)一切ないですね。思い出せないぐらい久しぶりですね。お久しブリーフですね。一生なくなったんじゃないかと思っているので、自分で揉むことにします。おかげさまで寂しい人生まっしぐら」と寂しい限りだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2012年4月10日のニュース