北原里英「東京ドームですね!その会議に参加したい」

[ 2012年4月10日 15:31 ]

誰もいなくなったオフィスで作詞の構想を練る北原里英

 【北原里英直撃その3】

 ――今後、文芸部でどんな活動をしていきたい?

 「文芸部は幅が広くて、いろんなジャンルの子がいます。ただ本が好きという子もいるし、川柳を作りたいという子もいるし、コンサートの演出を考えたいという子もいるし、カフェとかショップの口上を作りたいという子もいます」

 ――部員は何人?

 「今は15人くらいですかね。副部長は佐藤亜美菜ちゃんです。宮澤佐江ちゃんは昔からコンサートの演出がしたいと言ってて、秋元さんの勧めで倉持明日香ちゃんが入ってきたり、“本が好きなだけでも歓迎です”と言ったら、すーちゃん(佐藤すみれ)やあんにん(入山杏奈)も来てくれました」

 ――北原さん自身は何をしたい?

 「次のコンサートの演出を決める会議が近くあると思うんですけど、その会議に文芸部の何人かで参加したいです。そこで意見を言えたらいいなと思います」

 ――次のコンサートと言うと…。

 「東京ドーム(開催時期未定)ですね!その会議に参加したい」

 ――東京ドームでのライブをどうしたい?

 「一メンバー目線でしかないんですけど、2階席や遠い席の方たちにも楽しんでいただけるような感じにしたいと思っています」

 ――どんな方法がある?

 「私たちは人数が多いので、いろんな場所から登場できたら楽しいかな」

 ――例えば客席からとか?

 「そうですね。できるか分からないですけど」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年4月10日のニュース