曽根由希江 なでしこL初の公式ソング歌う

[ 2012年4月10日 06:00 ]

日テレ・岩清水(後ろ左端)、INAC神戸・大野(同右端)らの手拍子に乗ってオフィシャルソング「手をたたこう」を熱唱する曽根由希江

 シンガー・ソングライター曽根由希江(26)の曲「手をたたこう」が女子サッカー「プレナスなでしこリーグ」と「チャレンジリーグ」の初の公式ソングに決まった。

 15日開幕のなでしこリーグの各試合会場などで流れる。サッカーなのに、あえて手を題材にしたことについて曽根は「サッカーでもゴールを決めた時に握手やハイタッチをして喜びを表現するので、そういった部分を意識した」。注目選手は日テレ・ベレーザのDF岩清水梓(25)で「友達に似ているから勝手に親近感を持っている」と笑顔。岩清水も「本当に元気が出る」と曲を気に入っている。25日発売のシングル「ねえ、どうして」のカップリングにも収録される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年4月10日のニュース