宅麻伸・賀来千香子が離婚 19年目「いつしか擦れ違い」

[ 2012年2月11日 06:00 ]

離婚を発表した宅麻伸(左)と賀来千香子。2010年には「プラチナ夫婦アワード」を受賞した2人だったが…

 俳優の宅麻伸(55)と女優の賀来千香子(50)が10日、離婚した。2人の代理人がこの日、都内の区役所へ離婚届を提出した。94年1月に結婚し、18年間にわたり仲むつまじいおしどり夫婦として知られていた2人。「いつしか擦れ違い」が生じたという。話し合いを始めたのは先月下旬のこと。お互いすぐに合意し、わずか2週間で離婚に至った。

 2人は連名でコメントを発表。離婚理由に関し「いつしか擦れ違い、その距離を埋めることができなくなっておりました」とし、「2人で十分話し合い、お互いを思いやった結果、離婚という形に至りました」と経緯を説明した。子供はおらず、慰謝料は発生しない。会見を開く予定はなし。

 知人が「離婚なんて寝耳に水」と話すほど、2人は仲良し夫婦として知られていた。10年11月には、永遠に色あせない夫婦に贈られる「第3回プラチナ夫婦アワード」を受賞。2人そろって授賞式に出席し、「これからも純度85%のプラチナのような気持ちで接していきたい」(宅麻)「プラチナのように永遠によろしくお願いします」(賀来)と話していた。

 ◆宅麻 伸(たくま・しん)本名詫摩繁春(たくま・しげはる)。1956年(昭31)4月18日、岡山県生まれ。79年ドラマ「七人の刑事」(TBS)でデビュー。81年のNHK大河ドラマ「おんな太閤記」の石田三成役で人気となる。出演作にドラマ「課長 島耕作」(フジ)「法医学教室の事件ファイルシリーズ」(テレ朝)など。

 ◆賀来 千香子(かく・ちかこ)本名同じ。1961年(昭36)10月17日、大阪府枚方市生まれ、東京育ち。女子美短大在学中にモデルとしてスカウトされ、雑誌「JJ」の表紙を務める。卒業後、女優に転身し、90年に主演したドラマ「ずっとあなたが好きだった」(TBS)で“マザコン夫・冬彦さん”の妻役で人気を集めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年2月11日のニュース