三浦春馬 吉本新喜劇でズッコケ初体験

[ 2012年2月11日 06:00 ]

吉本新喜劇で共演した(左から)三浦春馬、寺脇康文、岸谷五朗、辻本茂雄、末成由美、宇都宮まき

 俳優の三浦春馬(21)が10日、岸谷五朗(47)、寺脇康文(49)とともに大阪・なんばグランド花月で吉本新喜劇の舞台に登場した。末成由美(64)のギャグにコケる姿も披露し「楽しくて仕方なかった」と初体験に笑顔。

 「ギャグを作ってよかった」と末成を感激させた。大阪府堺市生まれで新喜劇好きの寺脇は大げさにコケたり、アドリブで階段落ちに挑むなど大はしゃぎ。座長の辻本茂雄(47)から「目立ちすぎ!」とツッコまれた上に、劇団「地球ゴージャス」を共に主宰する岸谷から「ぼくも毎回苦労してるんです」と言われ、苦笑していた。3人は大阪・オリックス劇場で上演する同劇団の舞台「海盗セブン」(5月20~31日)のPR会見も同日、市内で開いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年2月11日のニュース