ジャニー社長 赤西に苦言「女性に対し責任ある態度を」

[ 2012年2月11日 06:00 ]

 ジャニーズ事務所所属の歌手、赤西仁(27)が女優の黒木メイサ(23)と事務所に事前報告せず結婚したことについて、ジャニー喜多川社長が10日、苦言を呈した。自身も9日のスポニチ報道を受け事実を知ったといい「相手があること。責任ある態度を取らないと」と話した。

 98年の事務所入りから手塩にかけて赤西を育ててきたジャニー社長にとっても、2人の結婚は“寝耳に水”だった。

 結婚については「新聞を見て初めて知った」と説明。赤西からは電話で報告を受けたが「(自分は)驚くだけだった」と振り返った。

 事務所に事後報告だったことについても苦言を呈した。「もともと彼は独立的で、自分で考えて行動していくタイプ」とその行動力を認めながらも「今回は相手があること。女性に対して責任ある態度を取らなければいけない。彼女も仕事があるわけだし、迷惑を掛けないようにしなければ」と話し、メイサと周囲の関係者に配慮しながら行動することを求めた。

 ペナルティーを科すことも検討しているようで「きのうきょうで起こったことだから、われわれもリサーチしているところ。それなりに考えていかなければいけないと思っている」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年2月11日のニュース