宝塚花組「復活」&「カノン」 東京で初日

[ 2012年2月11日 06:00 ]

 男役の蘭寿とむ、娘役の蘭乃はながトップスターコンビを務める宝塚歌劇団花組の2本立て公演「復活―恋が終わり、愛が残った―」「カノン―Our Melody―」が10日、東京・有楽町の東京宝塚劇場で初日を迎えた。

 「復活」はロシアの文豪トルストイの小説が原作で、「カノン」はオリジナルショー。蘭寿は「復活は奥深い愛を感じて、カノンは今の花組の総力を出し演じたい」と意気込んだ。3月18日まで同所で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年2月11日のニュース