転機は大震災 たむけん 力不足感じ政界進出目指す

[ 2012年1月1日 06:51 ]

政界進出を目指すたむらけんじ

 焼き肉店経営など実業家の顔も持つピン芸人・たむらけんじ(38)が政界進出を目指していることが31日、分かった。

 関係者によると、転機は昨年3月11日の東日本大震災。たむらは被災者支援のため、芸能界のGLAY、スキマスイッチや、競泳五輪金メダリストの北島康介、阪神タイガースの城島健司捕手ら親交のある各界の著名人に声をかけ、チャリティーオークションを開催したが、十分なことが出来ずに力不足を感じたという。

 そのことを踏まえ、世間に役立てる仕事を考えた結果、政治家としての活動に思いが至った。昨年8月ごろから複数の政党関係者と接触。9月には「大阪維新の会」代表で当時、大阪府知事だった橋下徹氏とも会い、府政についてもレクチャーを受けたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月1日のニュース