長渕剛 被災地から中継出演…4分間メッセージ

[ 2012年1月1日 06:00 ]

<第62回紅白歌合戦>宮城県石巻市の門脇小の校庭で歌う長渕剛

「第62回NHK紅白歌合戦」

(12月31日)
 出場歌手として被災地から唯一の中継出演となった長渕剛(55)は、宮城県石巻市の門脇小学校の校庭から出演。

 歌唱前に被災地や福島から避難している子どもたちへ向けたメッセージを披露。「必ずやみんなが故郷に帰れる日が来るってことを信じてる」などと約4分間にわたり演説。震災で亡くなった人たちへ鎮魂の祈りを込めて作った新曲「ひとつ」をギターの弾き語りで熱唱した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月1日のニュース