たむけん 政界進出!橋下市長とも話し合いの場を持つ

[ 2012年1月1日 06:00 ]

政界進出を目指すたむらけんじ

 焼き肉店経営など実業家の顔も持つピン芸人・たむらけんじ(38)が政界進出を目指していることが31日、分かった。

 関係者によると、国政に興味を持っており、「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長とも話し合いの場を持った。

 早ければ今年中に解散総選挙が見込まれる衆議院か、来年の参議院での選挙戦出馬も。たむら自身は「本気でぶつかりたい」と意気込んでいるという。

 たむらは昨年12月に大阪で開催されたボクシング「亀田祭り」で、君が代を斉唱した橋下氏と再会。維新の会は次世代の政治家を養成する「維新塾」の設立を目指すなど大阪都構想実現に向け、次期衆院選に候補者を送ることも検討中。オファーがあれば、ここが選択肢のひとつになりそうだ。

 早ければ今年中にも解散総選挙が見込まれる衆議院か、2013年夏に任期満了を迎える参議院での選挙戦出馬もありえる。周囲には「しがらみの多い政治の不透明なシステムを壊したい。もっと勉強して国政に携わりたい。中途半端な気持ちではない」と話しているという。

 短文投稿サイト「ツィッター」やラジオ番組で政治に関してメッセージを送ることもあり、関西ではパネリストやコメンテーターとしてレギュラー番組9本を持つ“近所のアニキ分”的な存在。兵庫・淡路島の街おこしにも協力し、焼き肉店も経営する“実業家芸人”の行動に注目が集まりそうだ。

 ◆たむら けんじ 本名・田村憲司。1973年(昭48)5月4日、大阪府阪南市生まれ。NSC11期生。92年に漫才コンビ「LaLaLa」でデビュー。99年に解散し、ピン芸人となる。副業で「炭火焼肉たむら」を経営している。裸にサングラス姿の逆ギレ芸で全国的にブレーク。関西では通常、服を着て活動している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年1月1日のニュース