自称キャンディーズファン“1号”「俺と代わってやりたかった…」

[ 2011年4月25日 08:36 ]

田中好子さん通夜

 ファンを何より大切にしたスーちゃん。青山葬儀所の敷地内には特別に記帳台と献花台が設置され、一般ファンの弔問も受け付けた。

 さいたま市の会社員、奈良場春夫さん(61)は73年のキャンディーズデビュー当時から熱烈なファン。「自称ですが、ファン1号だと思っている。売れない頃からライブにはできる限り行ったよ。人気が出ると、ファンをガードする役を買って出ていたんだ。スーちゃんは妹のような感じだった。俺と代わってやりたかった…」と早すぎる死を惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月25日のニュース