田中好子さん通夜…ランちゃん「甘えん坊だったのに強くて頼もしい女性に」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

田中好子さんとの思い出を語る伊藤蘭

 21日に乳がんのため55歳で死去した、アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで女優の田中好子(たなか・よしこ、本名小達好子=おだて・よしこ)さんの通夜が24日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、芸能関係者ら約2400人が弔問に訪れた。

 グループのメンバーだった伊藤蘭(56)と藤村美樹さん(55)も参列。伊藤は「ずっと一緒に年を重ねたかった」と涙を浮かべた。キャンディーズ時代からのファンも焼香に長い列をつくった。

 式場の最前列に座った伊藤と藤村さんは、親族の次に2人そろって焼香。“3姉妹”の末っ子の早すぎる死に目はうつろ。にっこりとほほ笑む田中さんの遺影を数秒間見つめ、静かに手を合わせた。涙は見せなかった。

 「一番年下で甘えん坊だったのに、いつの間にか、強くて頼もしい女性になった。もう1回、3人で会いたかった…」

 田中さんの死後、ショックでコメントが出せず、この日初めて報道陣に対応した伊藤は唇をかんだ。関係者によると、通夜までの3日間、「ずっとふさぎ込んでいた。仕事が入っていなかったのが幸いだった」という。

 田中さんから乳がんの事実を知らされたのは3年前。「ショックでしたが、前向きなスーさんに逆に励まされた。ミキさんと心配していたんですけど…」と言葉を詰まらせた。

 「キャンディーズ」は人気絶頂だった78年4月4日、旧後楽園球場でのコンサートで解散。ただ3姉妹の絆は変わらず、定期的に食事会を開いて交流。伊藤と89年に結婚した俳優・水谷豊(58)がテレビ番組で「3人そろって外出できないから、場所はいつも決まって水谷家。ずっと楽しそうに話している」と明かしたこともあり、“普通の女の子”同士の友情で結ばれていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月25日のニュース