前向きな武井咲 勝負はこれから

[ 2011年4月25日 11:22 ]

テレビ朝日「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」制作発表会見で笑顔を見せる武井咲

 24日にスタートした武井咲(えみ、17)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」(毎週日曜後11・00)の初回平均視聴率が7・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。武井にとって本作が連続ドラマ初主演作となる。

 武井は志望校のお嬢様学校とたった1つの記入ミスで落ちてしまい、男ばかりの県立明日香工業高校(通称・アスコー)にやってきた女子高生・吉野直を演じる。彼女のさまざまな問題に直面しながらも、前向きに頑張っていく姿を描く学園ドラマ。通常の学園ドラマと違って、作業着やジャージなどで奮闘する武井の姿も見どころだ。共演は松坂桃李(22)、賀来賢人(21)、白石美帆(32)、勝村政信(47)、菊川怜(33)ら。

 前クール(4~6月期)の同枠ドラマ「Dr.伊良部一郎」(徳重聡主演)の初回視聴率が7・7%で、活躍目覚しい武井咲の満を持しての連ドラ初主演作という注目度から考えると、やや物足りないスタートか。物語の展開とともに、今後の数字の変化にも注目したい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月25日のニュース