花組トップスター真飛聖サヨナラ公演に「感謝」

[ 2011年4月25日 06:00 ]

舞台を終え会見を行う真飛聖

 宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖(まとぶ・せい)が24日、東京宝塚劇場での退団公演「愛のプレリュード/Le Paradis!!」千秋楽を終えて退団した。

 会見で「宝塚は想像を超える幸せな空間と時間を過ごせた場所でした」と笑顔。東日本大震災のチャリティー公演としての開催でもあり、連日終演後に観客に募金を呼び掛けた。「このような状況で公演をさせていただけたことでも感謝しています。これからのことは正直、何も考えていません」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月25日のニュース