三宅裕司「キャンディーズの曲をよく歌ってくれて盛り上げ役だった」

[ 2011年4月25日 07:00 ]

故人との思い出を語る伊東四朗

 21日に乳がんのため55歳で死去した、アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで女優の田中好子(たなか・よしこ、本名小達好子=おだて・よしこ)さんの通夜が24日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、芸能関係者ら約2400人が弔問に訪れた。

 ▼松平健(テレビ朝日ドラマ「忠臣蔵」で夫婦役) 昨年お会いしたときは「腸が悪い」と言っていたが、明るくしていらしたので、びっくりした。もっと一緒に仕事したかった。これからという時だったのに…。

 ▼三宅裕司(95年公開「映画 サラリーマン専科」で夫婦役) 演技してる時以外のスーちゃんはあの笑顔しか思い浮かばない。打ち上げではキャンディーズの曲をよく歌ってくれて盛り上げ役だった。「サラ専」の収録のころから病気と闘っていたはずなのに、そんなそぶりも見せず…。本当にありがとう。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年4月25日のニュース