水嶋ヒロ ガルネク新曲PVで“1人3役”

[ 2011年3月2日 06:00 ]

 100万部を超えるベストセラーとなった処女作「KAGEROU」に続く、独立後の水嶋ヒロ(26)の次の作品は男女3人組「GIRL NEXT DOOR」のプロモーションビデオ(PV)に決まった。新曲「Twitter~silent scream~」(16日発売)のPVの原作、脚本を手掛け、特別出演も果たし、1人3役をこなした。

 同曲は制作後10カ月間あたためてきたガルネク秘蔵の1曲で、苦悩する女性の内面を表現したミディアムバラード。PVでより強く曲の世界観を表現するため、ボーカル千紗(25)を主人公に起用し、本格的な演技に挑戦したドラマ仕立ての作品にすることが決まった。

 さらにインパクトの強い作品にしたいと、白羽の矢が立ったのが水嶋。次なる創作活動を模索していた水嶋は「僕が思う千紗さん像を脚本として仕上げます」と快諾。原作を考案し、脚本は監督とともに仕上げた。その後、監督やスタッフが出演を懇願。熱烈なリクエストに応え、特別出演が決まった。

 ストーリーはバレエダンサーのアキ(千紗)を、謎の男(水嶋)が誘拐することから始まる。オーディションを前に自分を見失いかけていたアキは、なぜか男に安心感を覚え、心を開いていく。PVとしては異例となる15分の“大作”となった。

 千紗は「水嶋さんは役者としてリード、アドバイスしてくださり、勉強させていただいた。本当に楽しく共演させていただきました」と話している。1年半ぶりの演技を含む、1人3役をこなした水嶋は「“演者が輝ける作品を考える”という、今までと真逆の立場に携わるのは、とても新鮮で刺激にあふれる時間でした」と充実感を感じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年3月2日のニュース