モンローとも共演、J・ラッセルさんが死去

[ 2011年3月2日 06:00 ]

亡くなったジェーン・ラッセルさん(2005年4月)

 セクシーな容貌で人気を集め、映画「紳士は金髪(ブロンド)がお好き」でマリリン・モンローとも共演した米女優のジェーン・ラッセルさんが2月28日、呼吸器不全のため米カリフォルニア州サンタマリアの自宅で死去した。米メディアが伝えた。89歳だった。

 受付係をしていた当時、映画製作者で大富豪でもあったハワード・ヒューズの目に留まり、1943年の西部劇「ならず者」でデビューした。

 胸を強調する官能的な衣装でセックスシンボルとなり、第2次大戦の戦地に派遣された米兵の間で写真が大人気に。53年のミュージカル映画「紳士は金髪がお好き」では、モンローの親友でナイトクラブの踊り子仲間の役を演じた。

 共同電によると、60年代以降は次第に映画界と距離を置き、キリスト教の信者団体の活動などに取り組んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2011年3月2日のニュース