高見沢さん葬儀で亜星氏「あと10年歌ってほしかった」

[ 2011年1月12日 06:00 ]

ダークダックスの高見沢宏さんの告別式を弔問した小林亜星。

 7日に心不全のため死去したダークダックスの高見沢宏さん(享年77)の告別式が11日、神奈川県藤沢市内の斎場で営まれた。

 おいの中村獅童(38)や作曲家小林亜星氏(78)ら300人が参列。ダークの「ゾウさん」こと遠山一(80)が弔辞を読み「先輩を差し置いて何を急いで逝ってしまったんだろう。パクの音楽が消えてしまうのが寂しい」と涙を浮かべた。亜星氏も「あと10年歌ってほしかった」と悼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年1月12日のニュース