医師資格も停止 マイケル専属医 公判へ ロス地裁が判断

[ 2011年1月12日 13:56 ]

 2009年に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさん=当時(50)=の専属医で、過失致死容疑で訴追されたコンラッド・マーレー容疑者について、米ロサンゼルス郡地裁は11日、正式な公判を開始するだけの根拠があると判断した。同容疑者は起訴される見通し。カリフォルニア州の医師資格も停止した。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が伝えた。

 同地裁はこれまでの予備審理で、正式公判を開くだけの十分な証拠があるかどうか調べた。医療関係者の証人尋問などから地裁は「マーレー医師がしたことと、避けたこととが(ジャクソンさんの)死亡とつながりがあることを示している」と判断した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年1月12日のニュース