山本美憂「いつも心にいる」弟KIDさんに捧げる白星

[ 2018年12月31日 20:06 ]

RIZIN.14 ( 2018年12月31日    さいたまスーパーアリーナ )

<RIZIN14>長野美香(右)に判定勝ちし、天を見上げる山本美憂(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 レスリングの元世界選手権女王の山本美憂(44=KRAZY BEE/SPIKE22)は同じくレスリングがバックボーンの長野美香(35=CORE王子豊島)に3―0で判定勝ちした。

 1Rから打撃で先手を取り、グラウンドでは左腕を取られながらもパウンド、膝蹴りを浴びせるなど圧倒した。これでRIZINは3連勝。KO、一本勝ちは逃したが「前回より手を出せたのが良かった。自分をコントロールできてパンチを入れられた」と一定の手応えをつかんだ。

 弟の山本“KID”さんは9月18日に41歳で亡くなった。9月の大会は悲しみを乗り越えて勝利をつかみ、今回も「いつも心にいる」という弟に白星を捧げた。「ないもの願いだけど、勝ち続けている自分の姿を見ているKIDを見たかった」としんみりとしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年12月31日のニュース