対戦相手のフランソワ、RENAに苦言「プロが体重調整できないのは理解できない」

[ 2018年12月31日 16:01 ]

RIZIN.14 ( 2018年12月31日    さいたまスーパーアリーナ )

30日の公開計量で、RENA不在のため1人でポーズをとるサマンサ・ジャン・フランソワ。右は高田延彦統括本部長(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 過度の貧血および脱水症状と診断されたシュートボクシング女子のRENA(27=シーザージム)が第1試合を欠場し、対戦相手のサマンサ・ジャン=フランソワ(31=フランス)は「正直に申し上げて、理解に苦しむ」と語った。「プロの選手が決められた体重に調整できないのが理解できない。私も試合のために多くの犠牲を払ってきた。その意味で非常に残念」と明かした。

 4月開催予定の次戦のオファーを受けるか問われると、「既にSNSで申し上げているが、対戦するのはRENAが相手でなければいけない。もし彼女が対戦相手ならお受けしたい」と対戦を希望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年12月31日のニュース