×

部員12人の久留米学園、奮闘及ばず 坂口主将「練習の成果は発揮できた」

[ 2022年7月5日 06:00 ]

第104回全国高校野球選手権福岡大会   久留米学園1―2早良 ( 2022年7月4日    久留米 )

試合に敗れた久留米学園の12人
Photo By スポニチ

 福岡大会は2回戦10試合が行われた。昨夏16強の春日は左腕、飯田泰成投手(3年)の活躍で浮羽究真館に10―2で7回コールド勝ちした。観戦した父、星琳・飯田信吾監督の目の前で7回を投げきり、豪快なソロアーチも決めた。久留米学園は部員12人の奮闘も及ばず、早良に惜敗した。鹿児島大会は台風接近のため全試合中止。きょう5日の試合は福岡大会、鹿児島大会とも台風接近で順延が決まった。

 部員12人の久留米学園の夏が終わった。2点を追う最終回。1点を返す粘りを見せたが、及ばなかった。岩永哲也監督は「1勝を目標にしていた。初戦を突破できたら波に乗るかなと思ったが、上位打線が打てなかった」と話した。

 紅白戦は6人ずつで行うなど、工夫を凝らしてきた。主将で4番の坂口栄音(えいと、3年)は「人数が少ないからこそみんなで大きな声を出して盛り上げている。4回に失策が出たけど無失点に抑えられた。勝ちたかったけど練習の成果は発揮できたので良かった」と胸を張った。

 3年生が抜けるため、秋季大会は合同チームで挑む。2年生ながら主戦を務めた広木羚(れい)は「そこでもエースになれるよう、負けないように頑張りたい。そして来年の夏はまた単独で出たい」と成長を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月5日のニュース